プロジェクターの破損保障

プロジェクターは精密機器でございますので、誤って落下させるなどの事故により破損する恐れもございます。丁寧に扱っていただければ、誤って破損するなどの事故が起こるとは考えられませんが、万が一の事故の際に修理費用や弁済費用を弊社が負担させていただくオプションです。
通常は丁寧に扱っていただければ破損は考えられませんが、万が一の際にプロジェクターは非常に高価であるため、心配な方はこちらのオプションをお付けすることをおすすめいたします。

保障には一定の免責金額がございます。免責金額は、一律5000円となっております。
(免責金額を設けさせていただいておりますのは、モラルハザードを防ぎ保障料金を低く設定できるようにするための措置でございます。)
万が一、破損した場合は、5000円を超える被害額を弊社が負担させていただきます。

お申し込みは、プロジェクターのお申し込みと同じ画面から、行って下さい。


破損保障の料金

破損保証の料金は、プロジェクターの種類やご利用日数にかかわらず、一律1000円とさせていただいております。


破損保障が適用されないケース

?盗難、詐欺、横領など、現物自体がお手元に無い場合
?故意、または重大な過失により破損させた場合
?返却日までに返却せずに、遅延期間に破損した場合
?常識的な見地から明らかに破損するであろうと予測される使い方をされた場合
?本体を分解するなど手を加えた場合

このページの先頭へ